~~~年末年始休業日のご案内~~~
平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますと共に、明くる年も変わらぬ お引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。 

 当店は、12/28(土)~2019/1/05(日)までお休みさせていただきます。誠に恐縮ですが、12/28(金)9:00以降のご注文は、全て01/06(月)からの発送となります。また、お取り寄せ製品に関しましては、12/23(月)9:00以降のご注文は、全て01/09(水)より順次発送となります。お時間を頂きます事をご了承ください。
  休業日間のお問い合わせに関しましては、休業明けより順次ご返答させていただきます。お客様にはご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解いただけるようお願い申し上げます。月間営業カレンダーは本ページ左側に記載しております。なお休業期間中も、ご注文はインターネットより24時間受け付けております。

植物時事ニュース

トマト収穫倍増、糖度アップ…LEDライト開発

トマトの収穫量を倍増させ、糖度も向上させる特殊なLEDライトを、徳島文理大理工学部(香川県さぬき市)が開発した。企業と来夏をめどに製品化を目指している。

 月明かり程度の微弱な光を発し、肉眼で見えないほどの速度で点滅を繰り返す。ナノ物質工学科の梶山博司教授が開発を手掛けた。

 梶山教授によると、植物は昼間の光合成で生成した糖を消費し、生命活動を維持している。昼間は成長のために多くの糖を消費するが、代謝が落ちる夜間は余った糖を実などに送る「転流」が起こる。朝に収穫した野菜がおいしいのは、糖が実に転流した状態だからだという。

 この現象に着目した。特殊なLEDを組み込んだネットを苗木の近くにつるして夜間に照射。植物は光の点滅で昼夜が頻繁に繰り返されていると錯覚し、糖を各組織に送る働きを活性化させる。これが生育を早め、高糖度の果実をつくる。

 実験で、栽培開始85日後のトマトの苗木1本当たりの果実数が、LEDを照射しない苗木に比べ2倍、糖度は15%向上した。夜がないと、ストレスで植物の成長は阻害されるが、光量が微弱なため、ストレスを感じないという。

 梶山教授はこれまでにレタスの成長を促進するプラズマパネルの開発に成功している。「LEDは軽量で防水加工も施されており、プラズマパネルと違い、屋外で使用できる」とし、葉物やのりなどの藻類でも効果が期待できるという。

営業日カレンダー
  • 今日
  • 発送のみ 午前09:00までのご注文分を発送致します。
  • 休業日

営業時間:10:30~15:00 
インターネットでのご注文は24時間受け付けております。
※お問い合わせの返答は、休業日を除いた24時間以内にご返信させていただきます。

得々知識

植物時事ニュース

当店の配送業者☆

当社の配送業者はヤマト運輸、日本郵便になります。ヤマト営業所止めも承っております。さらに代金引換では、現金以外に全てのクレジットカード・デビットカードでのお支払いが可能です。荷物のお問い合わせは下のバナーをクリック ↓



当店の会員とは?

当店の会員は商品をご購入する時に、会員登録をしていただいた方達を会員様と呼んでおります。会員様の特典といたしまして、不定期に会員様特別セールや、次回のご購入の際のご住所などの入力を省くことが出来ます。ぜひご購入の際には会員登録をすることをお薦めいたします☆※当店のカートは「SSL」で個人情報が暗号化されているので安心です。 個人情報は厳重管理されています★
 
会員登録はこちらから!!

ページトップへ