当店は、14(火)~16(木)までお休みさせていただきます。
誠に恐縮ですが、8/13(月)9:00以降のご注文は、17(金)からの発送となります。また、お取り寄せ製品に関しましては、01/06(火)から順次発送となります。
お時間を頂きます事をご了承ください。

本場USAコロラドより初上陸!Black Dog LED PhytoMAX-2 LED Grow Lights 登場です!

植物時事ニュース

旧体育館を植物工場に



野菜工房、茨城にレタス新工場
野菜工房(埼玉県秩父市、周藤一之社長)は、茨城県那珂市に新工場を建設する。レタスなど葉物野菜を栽培する植物工場で、本社工場、福井南越前工場(福井県南越前町)に次ぐ3カ所目。工場は10月から来年春にかけ順次完成する予定で、生産能力は日産4000株。3工場合計ではこれまでの2倍近い同8600株となる。総投資額は約4億5000万円。

 主にリーフレタスやフリルレタスを生産し、水菜やサラダ菜も少量つくる。敷地面積は約5200平方メートル、建物の総面積が約2000平方メートル。まず旧体育館を改築し、日産1600株の工場とし、10月下旬に稼働。12月に出荷を始める。その隣に事務棟や機械設備棟を備えた日産2400株の工場を新設する。こちらは来春の完成、出荷を目指す。完成後は年商を現在の約1億6000万円から3億円強まで引き上げられるとしている。

 2年半前に既存2工場の能力がいっぱいとなり、今後も需要の伸びが見込めることから、東京に近く、補助金制度の整った那珂市への新規立地を決めた。敷地に余裕があるため、さらなる工場増設も視野に入れている。

 3工場目にして初めて光源に発光ダイオード(LED)を採用し、電力代を削減。野菜を栽培する棚も現在の4段から、一部で6段の多段式を採用し、生産効率を高める。従業員数は当面、20人程度の予定。

 同社の植物工場は完全閉鎖型で、無農薬を実現。さらに水を噴霧した状態で根に供給する噴霧水耕栽培のため、「水がたまらないので細菌の繁殖が極めて少なく、虫も発生しない」(周藤社長)のが強み。野菜は水洗いをせず、そのまま食べられるため、調理パンの具材や外食用に売り上げを伸ばしている。

ご来店希望のお客様へ

営業日カレンダー
  • 今日
  • 発送のみ 午前09:00までのご注文分を発送致します。
  • 休業日

営業時間:10:30~15:00 
インターネットでのご注文は24時間受け付けております。
※お問い合わせの返答は、休業日を除いた24時間以内にご返信させていただきます。

得々知識

植物時事ニュース

当店の配送業者☆

配送業者は安心と信頼のヤマト運輸です♪もちろん営業所止めも承っております。さらに代金引換では、現金以外に全てのクレジットカード・デビットカードでのお支払いが可能です。荷物のお問い合わせはトラックをクリック↓


当店の会員とは?

当店の会員は商品をご購入する時に、会員登録をしていただいた方達を会員様と呼んでおります。会員様の特典といたしまして、不定期に会員様特別セールや、次回のご購入の際のご住所などの入力を省くことが出来ます。ぜひご購入の際には会員登録をすることをお薦めいたします☆※当店のカートは「SSL」で個人情報が暗号化されているので安心です。 個人情報は厳重管理されています★
 
会員登録はこちらから!!

ページトップへ